ドクター

手軽にダイエットを成功させよう【脂肪吸引の特徴を紹介】

痩身法の種類や特徴

水着の人

脂肪がなくなる仕組み

短期間で効果が出て、リバウンドしない口コミで人気の痩身法が脂肪吸引です。脂肪吸引は、体についた無駄な脂肪細胞だけをなくすことができる医療行為の一つです。代表的な脂肪吸引が、カニューレ(吸引管)で脂肪細胞のみを吸引する方法です。取り除きたい脂肪がある部分をメスで切開して、そこにカニューレを挿入して吸引します。この手術の場合、お腹や太ももなどについた頑固なセルライト脂肪も、そのまま吸引することができます。脂肪細胞の数は一定で決まっているので、手術をしてなくなった分は一生スリムなままです。切開を伴う手術なのでダウンタイムが多少ありますが、痩身効果が抜群で一回の手術で大幅な減量が可能です。脂肪吸引手術はメタボや肥満体解消法の一つとしても使われていて、医療現場では定番となっています。脂肪吸引と一口に言っても、実際には術式によっていくつかのタイプに分かれます。水流を流して脂肪細胞を吸引するのが、「ボディージェット法」です。カニューレを挿入するときに一緒に水を流すことで、脂肪細胞を回りの組織から引きはがすことができます。そうすると目的の脂肪細胞だけを吸引しやすくなるという仕組みです。水流には麻酔薬が含まれているので、吸引時の痛みが少ないのもボディージェット法のメリットです。同じように脂肪細胞をムラなく吸引できるのが、「ベイザーリポ」です。ベイザーリポは、脂肪層にアプローチする超音波のベイザー波を照射して行う口コミで人気の痩身法です。カニューレを挿入する前にベイザー波を脂肪層に照射すると、脂肪細胞がバラバラになり、吸引しやすくなります。そうすることで、周りに沢山ある血管や神経組織を傷つけるリスクが大幅に減ります。表皮に近いところにある脂肪細胞も、ムラなくきれいに排除できるのもベイザーリポのメリットです。さらに、ベイザー波には余った皮膚を引き締める作用もあります。脂肪がなくなった後に皮膚がたるんだりぼこぼこになったりせず、きゅっと引き締まった仕上がりになります。ベイザーリポは、腫れや出血や痛みなどが少なく、仕上がりが美しい脂肪吸引として口コミで支持されていて最近話題です。カニューレを使わないで行うのが、切らない脂肪吸引です。メスを使って切開しないので皮膚が傷つかないのと、ダウンタイムを最小限にできるのが切らない脂肪吸引のメリットです。代表的な切らない脂肪吸引に、脂肪溶解注射(メソセラピー)があります。脂肪溶解注射は、大豆から抽出した安全性が高い脂肪溶解成分を注射し、脂肪の代謝を促していく痩身法です。カニューレで排除するよりも一回の痩身効果は劣りますが、自然に痩せやすく太りにくい体質に改善していくので口コミで評判です。ダイエット効果を高めることができるので、ダイエットのお供として脂肪溶解注射をしている人も多くいます。また、脂肪吸引ではフェイスラインや二重顎、目の下の脂肪などは取るのが難しいですが、脂肪溶解注射ならできます。代謝がアップして自然に脂肪が落ちていき、体に負担をかけることなく痩身ができます。料金も一回5千円程度とお手頃なのも魅力です。